1. >
  2. 山旅プランの詳細

大地を感じる感動体験|YAMAP STORE "5本指シューズ" 発売記念イベント(日帰り)

<山梨県>

 

YAMAP STOREでは、5本指シューズ Vibram FiveFingers(ビブラム ファイブフィンガーズ)を手がける 「Barefootinc Japan(ベアフットインク ジャパン)」とのコラボレーションで、大地を感じるトレッキングシューズ「YAMAP別注 V-トレック」の発売を開始しました。

FiveFingersは、足指の動きを解放して土や岩・木の根をつかみ、歩くことの本来の、そして新たな楽しさに気づかせてくれるシューズです。この機会に、大地を限りなく裸足に近い感覚で歩く体験をしてみませんか?

 

Vibram FiveFingers「YAMAP別注 V-トレック」について、詳しく知りたい方は特集ページをご覧ください。

 

【参加特典】
イベント終了後、YAMAP STOREでのYAMAP5本指シューズ・5本指ソックスのお買い物が3000円オフとなるクーポンを進呈いたします。

 

【山旅サポーターからのメッセージ】

二足歩行をする私たちと地球との接点は、身体の表面の数%を占めるに過ぎない足の裏の面積分しかありません。平らな草原を硬いソールの登山靴を履いて二足歩行しているとしたら、地面から何も情報がない状態、盲目の状態だと言えます。しかしこれが裸足だとしたらどうでしょうか。草原に生えている草の肌触り、その草の種類、下地となっている土の粒子の荒さ、その硬さ、湿り具合、鋭利な突起物の存在など、拾うべき情報が無数にあります。意識下であれ無意識下であれ、足裏から不断の情報を脳に取り入れることで、世界は能動的な対象となり、歩くことが「やや危なく」、同時に「楽しく」なるのです。
同じことがFiveFingersにも言うことができます。一歩一歩踏み出すごとに新しい感覚、それまでとは異なる情報が入ってきます。靴を履いていればただのルーティンに過ぎなかった歩行という労働が、実にクリエイティブな「遊び」に変わる瞬間です。
本当はなにも履かずに最初から裸足で地球を歩きたいものです。しかし現代社会には大勢の人が歩く駅の階段もあり、砂利敷きの林道もあり、灼熱のアスファルトもあります。だから私はfivefingersを履いて山を歩きます。足指にとって足裏にとって、脳にとって、最適な選択肢だと考えています。


***よくある質問

「足をぶつけませんか?」
よく切れる鋭利な包丁の方がそうでない包丁よりもケガをしにくいものですが、それと同じことが言えます。五本指シューズを履くと足裏感覚が鋭敏になり地面との距離感が明瞭になります。自然と足をぶつけないように丁寧に歩くことになりますので心配は要りません。


「捻挫をしませんか?」
不安になるくらいに足首の可動域が自由ですので一見捻挫をしそうに見えますが、そんなことはありません。靴底の全周の角が登山靴のように90度に角張ってはいないので、「グキッ」という感じで足首を捻るということは起きにくいです。現代人が下駄を履けば捻挫しそうですが、地下足袋を履けば捻挫しにくいのと同じ感じかと思います。


「足裏が疲れませんか?」
むしろ疲れにくいです。足指と足裏の関節が常に可動しながら刺激されるので、ふくらはぎの筋肉に乳酸が溜まる現象が起こりにくいと感じます。
登山靴を履いて長時間山を歩いた後には一刻も早く靴を脱ぎたくなりますが、fivefingersの場合はそうなりません。足指も足裏も「固定する」のではなく「解放する」履き物なので「凝る」筋肉は無いように感じています。


「岩場のある登山でも使えますか?」
慣れてくれば岩場の多い登山でも使えます。むしろ岩場は五本指シューズの得意なシーンです。ただガレ場やぬかるみ、雨などは不得意なシーンです。私の場合、靴とfivefingersを両方持って行き、状況に応じて履き分けています。


「宿泊の登山でも使えますか?」
整備された登山道で山小屋泊まりなら問題なく使えます。慣れてくればテント泊でも充分使えます。ただ整備されていない登山道や悪天候が予想される時はお勧めしません。その時はサブシューズとしてfivefingersを持っていくのが良いと思います。

 

山旅サポーター

 

企画者 (株)マウンテンワークス / 成田 賢二
プロフィール

日本山岳ガイド協会認定 山岳ガイドステージⅡ

 

関東甲信越を中心に、全国の雪山、アイスクライミング、ロッククライミング、沢登り、源流釣り、狩猟、バックカントリースキー、リバーカヤックなどに広く精通し、主に夏は源流でのテンカラ釣り、冬はアイスクライミングのガイドを行っている。

(株)マウンテンワークスに所属し、山岳救助や遭難捜索、特殊作業、高所作業、映像製作、登山道整備などに従事。

 

概要

日程 2024/6/23(日)
日数

日帰り

料金

3,000円/名

集合時間 9:00
集合場所 JR大月駅(山梨県大月市)
行程

JR大月駅〜馬立山〜札金峠〜九鬼山〜富士急行線田野倉駅〜JR大月駅

 

※集合後、大月駅前にてレンタルシューズのフィッティングを行います。駅まで履いてきた靴は、リュックで背負うかロッカーに預けることもできます。

※雨天時は行程を短縮して歩きます。

解散時間

16:00予定

解散場所

JR大月駅(山梨県大月市)

 

ご確認・注意事項

持ち物

・動きやすい服装

・雨具

・5本指ソックス

・昼食

・トレッキングポール(普段利用している方)

・履き慣れたトレッキングシューズ

・駅まで履いてきた靴を入れる袋

最少催行人数 5名(定員15名)
参加条件

5本指シューズで山を歩いてみたい方

予約締切

2024/6/21(金) 

お問い合せ

メールアドレス:naritakenji0305@gmail.com

※この募集ページの内容に関わるご質問等は上記にご連絡ください。

キャンセル規定

実施日の前日から起算し30日前から15日前まで:料金の15%
実施日の前日から起算し14日前から4日前まで:料金の35%
実施日の前日から起算し3日前から前日まで:料金の55%
当日(出発前):料金の75%
当日(出発後):料金の100%

※上記の料率に応じたキャンセル料を差し引き、差額をご返金させていただきます。

備考

・雨天時は周辺を散策いたします。

・ご予約後に山旅サポーターからご連絡いたします。その際に、以下2点をお知らせください。

 (1)普段履いている登山靴やスニーカーなどのサイズ

 (2)ご自身の足の実寸サイズ

・レンタルシューズのモデルは、V-TRAIL2.0、V-TREK、V-ALPHAのいずれかになります。お試しいただくシューズは、YAMAP STOREで販売するカラーとは異なる場合がありますのであらかじめご了承ください。

FiveFingersはサイズの選択が難しいため、レンタルシューズは多めにご用意いたしますが、万が一5本指シューズが足に合わない場合に備えて履き慣れたトレッキングシューズをザックに入れて持ち運びます。

各種規定等

利用規約

プライバシーポリシー

特定商取引に関する法律に基づく表示

戻る